*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花の年齢(3)
070522.jpg

「花の年齢(1)」からお読み下さい。


長文です。

4.天地開闢より数えて811代目となります現聖仙郷(第四十六話 天慶宴)

 『天慶宴』で萌葱ちゃんが東皇使と錦花仙帝との婚姻についてのウンチクを語っている時、上記記述が出てきます。天地開闢から現在まで811代なので、その年数を811で割ると平均在位年数が出てきます。そこで問題となるのが以下の3点です。

(1)天地開闢とはいつか
(2)811代目とあるが、それはどの地位のことか
(3)平均在位年数から蕾や東雲の年齢や寿命をどう計算するか


(1)天地開闢とはいつか
 天地開闢とは世界の始まりなのですが・・・、いったいいつなのでしょうか。世界の始まりなのだから、宇宙の誕生、地球の誕生などでしょうか。それとも生命の誕生か。少し調べてみました。
 
宇宙誕生 160億年前
地球誕生 46億年前
生命誕生 40億年前

 蕾は花仙、東雲は樹仙ということは、彼らの世界というのは植物の世界ですね。植物の中でも花と木。とすると花や木の精霊である彼らは花や木の誕生と共に現れたのかもしれません。ではその花や木はいつ頃地球上に現れたか。
 
 まず花です。花の定義はいろいろあるようなのですが、要するに種子植物の生殖器が花らしいです。種子植物には裸子植物と被子植物があって、被子植物の花はいわゆる花なのですが、裸子植物の場合は例えば松ぼっくりのようなものが花にあたります。なんだかBUDの世界とはイメージが違いそうですが(松ぼっくりの花精・・・)、一応裸子植物も含めて考えておきます。
 次に木です。木の定義もいろいろあるようです(たとえば竹は木か草か、定義によって異なってくる)。が、木となるのはシダ植物と種子植物だそうです。
 それぞれの地球上に現れた時期をみてみます。シダ植物が大木になるのは(例えばリンボク)デボン紀(4億1600万年前~3億5900万年前)の末です。また種子植物の化石が3億7000万年前の地層から出てくるようです。ということは、木の出現と花の出現は今回の考察においては同じ頃と考えてもよさそうです(なんてったって数字がハンパな数じゃないので・・・)。
 以上より、花および木が地球上に出現したのは(きりがいいので)3億5000万年前とします。ということで、

木や花の誕生 3億5000万年前

 ところで人類の誕生は500万年前頃と、植物よりずっと遅く地球上に現れました。蕾や東雲など天仙は人間と同じ姿をしているので、彼らの天地開闢は人類出現とリンクしているような気もしますが、聖仙の姿が人間なのは便宜上のものだと思うのです。が、参考までにチェックしておきます。

人類の誕生 500万年前
ホモサピエンス 30万年前

(2)811代目とあるが、それはどの地位のことか
 萌葱ちゃんは「天地開闢より数えて811代目となります現聖仙郷」と表現しているので、811は聖仙郷トップの数かなと思うのです。現東皇使が811代目かとも思ったのですが、そうすると「811代目となります現東皇使」というような表現をするはずで、「現聖仙郷」との表現はやはりトップが811代目なのでしょう。
 ところで聖仙郷のトップは誰ですか? 永輪樹帝ですか? あら私ってば彼らの世界のことよく知らないや・・・。どこかに説明ありましたっけ・・・。でも緑修天司は錦花仙帝より「上司」なわけで、永輪樹帝はそれのさらに上、ということで811代目というのは永輪樹帝でおk?
 811代目というのは永輪樹帝の地位のことと考えた場合、次に永輪樹帝とはどういう天仙かが問題になります。他の天仙と同じか異なるのか。例えば永輪樹帝になるべく生まれたものは他の天仙と比べてめちゃ長寿だとか、そういった違いはあるのか。花が中心のBUDの世界では緑仙に関する記述は少なく(と思う、よく読んでないからかな?)よくわからないのですが、緑仙と花仙とではあまり変わりがないようだし(例えば緑仙と花仙の婚姻や光明界の天仙との婚姻が可能)、花仙のトップである錦花仙帝はその血筋でなくてもよさそうなことから、永輪樹帝も他の天仙と同様の人生、じゃなくって天生? を送ると考えられるので、永帝の在位と天仙の寿命は相関関係があるとします。
 
(3)平均在位年数から蕾や東雲の年齢や寿命をどう計算するか
 天地開闢から現在までの年数を811で割ると、永輪樹帝か何かの平均在位年数が求められますが、在位年数と彼らの年齢や寿命はどういう関係なのでしょうか。
 例えば東雲は幼い頃東皇使の地位につき、今まさに萌葱にその地位を譲ろうとしていますよね。人間で考えると高校生の東雲、17歳くらいの東雲が東皇使の地位にいたのは7~8年ほどということでしょうか。先代の錦花仙帝は結構若く蕾の母である麗さんにその地位を譲っているようだし。あ、あくまで見た目ですよ、先代の錦花仙帝さま。老伯と比べると(失礼!)ずっとお若いですよね。
 風仙や怪魔王はともかく、花仙や緑仙はトップの地位は世襲のようです。錦花仙帝は生きているうちに地位を譲ってます。それが一般的と考えると、代がわりは子どもを産む年齢周期となるということかな。天仙は人間と似たような一生を送るようなので、人間が20~30歳くらいで子どもを産むとすると、人間の代がわりは20~30年周期。間を取って25年周期、即ち在位年数を25年としましょうか。
 ちなみに天皇は今で125代、初代は紀元前661年即位なので、
 
 天皇の平均在位年数=(2007+661)÷125≒20
 
となり、約20年です。

 で、人間の寿命を80歳、蕾や東雲の年齢を人間に換算すると17歳とすると在位年数と年齢及び寿命は、

 天仙の在位年数:天仙の年齢:天仙の寿命=人間の姿での在位年数:人間の姿での年齢:人間の寿命

 という関係が成立し、

 天仙の寿命=天仙の在位年数×人間の寿命÷人間の姿での在位年数
      =天仙の在位年数×80÷25

 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×人間の姿での年齢÷人間の姿での在位年数
        =天仙の在位年数×17÷25

となります。

 それでは(1)~(3)を元に計算してみます。天地開闢をいつにするかによって場合分けします。

・天地開闢を宇宙誕生時とした場合(160億年前)
 平均在位年数=160億年÷811
       ≒2000万年
 天仙の寿命=天仙の在位年数×80÷25
      =160億年÷811×80÷25
      ≒6300万年
6300万年前の地球は恐竜が絶滅した頃の世界・・・。なんかムボーな数字だな。
 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×人間の姿での年齢÷人間の姿での在位年数
        =天仙の在位年数×17÷25
        =160億年÷811×17÷25
        ≒1300万年
1300万歳・・・って・・・。類人猿の世界・・・。その頃からいたのか??

・天地開闢を地球誕生時とした場合(46億年前)
 平均在位年数=46億年÷811
       =600万年
 天仙の寿命=天仙の在位年数×80÷25
      =46億年÷811×80÷25
      ≒1800万年
1800万年前の地球は・・・人類まだ誕生してません・・・。
 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×17÷25
        =46億年÷811×17÷25
        ≒380万年
アウストラロピテクスの世界???

・天地開闢を生命誕生時とした場合(40億年前)
 平均在位年数=40億年÷811
       =500万年
 天仙の寿命=天仙の在位年数×80÷25
      =40億年÷811×80÷25
      ≒1600万年
 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×17÷25
        =40億年÷811×17÷25
        ≒340万年

・天地開闢を木や花の誕生時とした場合(3億5000万年前)
 平均在位年数=3億5000万年÷811
       =40万年
 天仙の寿命=天仙の在位年数×80÷25
      =3億5000万年÷811×80÷25
      ≒140万年
 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×17÷25
      =3億5000万年÷811×17÷25
      ≒30万年
北京原人と同じ頃生まれたのか??

・天地開闢を人類の誕生時とした場合(500万年前)
 平均在位年数=500万年÷811
       =6000年
 天仙の寿命=天仙の在位年数×80÷25
      =500万年÷811×80÷25
      ≒2万年
 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×17÷25
      =500万年÷811×17÷25
      ≒4000年
おお、なんだかほっとする数字! 縄文時代?

・天地開闢をホモサピエンス出現時とした場合(30万年前)
 平均在位年数=30万年÷811
       =400年
 天仙の寿命=天仙の在位年数×80÷25
      =30万年÷811×80÷25
      ≒1200年
 蕾・東雲の年齢=天仙の在位年数×17÷25
        =30万年÷811×17÷25
        ≒250年
 おお!ようやく少しは想像できる数字(笑)。西暦1750年、江戸時代、ヨーロッパでは啓蒙思想の頃?モンテスキューとか?

 これらをふまえて天仙の寿命を考えると・・・考えると・・・うーーん、よくわかりません(苦笑)。天地開闢をいつにするかでずいぶん差があり、どう考えたらいいのかわからないっす。天地開闢を文字通り世界の始まりとすると、彼らの年齢は途方もない数字になってしまいますし(なんてったって人類が出現する以前から生きてることになってしまう! 想像を超えた世界です)、収まりのいい(というか想像できる)数字は天地開闢を人類に関連する年にした場合で、しかし、彼らは人類とは別のもの(植物)を司るものたちなので、人類とは関係ないはずだし・・・。
 彼らの年齢を知ろうと思ったのに、さらに訳がわからなくなってきてしまった・・・。

つづく
プロフィール

第四惑星

管理人:第四惑星

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。